満月のパワーとは?引き寄せ・願望実現【満月の願い事】

悩む人

満月と聞くと特別なイメージはあるけど、スピリチュアル的に何か意味があるの?

満月は月の満ち欠けのサイクルの中で最も月の引力が高まるときです。
満月特有のエネルギーがあるので活用しましょう!

chiho

丸い月を見ると誰もがその神秘的な姿にうっとりしますよね。

そんな満月のスピリチュアルな効果とエネルギーについてご紹介します。

満月のキーワード

まず、満月のキーワードについて説明します。

満月のキーワード:
結果、許し、感謝の気持ち

chiho

これらのキーワードを頭に入れて以下を読み進めていただければと思います!

満月のエネルギーとは?

満月とは月と太陽が最も離れた時に起こる現象で月の引力が最も強くなります。

そして、月と太陽と地球が一直線に並んだとき、潮差が大きく開き「大潮」といいます。

私たちの体は60〜65%が水分です。
そしてこの満月のとき、私たちの体も水分がいつもよりも高くなりやすいようです。

また、満月に出産が多いという話があります。(※科学的な根拠ではまだ立証がありません)
妊婦さんの羊水は海水と似ているということからも、月の影響があるのではないかと言われています。

また、このように体内のバランスが乱れることで、人格が変わることもあるのだとか。
事件や事故が増えたり、体調を壊したりと肉体や精神に影響を及ぼす可能性があるとも言われています。

chiho

こういった特性があるということを意識しつつ、上手くエネルギーを活用するのがいいですよ!

新月から満月の期間

満月で押さえておきたい第一のポイントは、新月から満月にかけて、吸収力が高まるということ。

月が膨らんでいくタイミングと同じです。

ダイエットや何かを捨てたりするというのには適しません。

新しいことを始めるのに最適です。

満月のタイミング

満月でピークを迎える吸収力は、新月で始まった新しい何かが満ちた時、つまり満了の地点を指します。

新月に掲げた望みに対して、振り返るタイミングです。
この満月で達成することもあれば、達成できてなければ再度願望について見直す良いタイミングです。

満月のキーワードは「結果、許し、感謝の気持ち」。
出来てなくても、許し、感謝の気持ちを抱きましょう。そしてまた次の新月へ向けて新たな決意が生まれます。

満月から新月の期間

満月でピークを迎えたら、これから徐々に手放していくタイミングです。

具体的にどういったことを手放すのが良いのでしょうか。

例えば、以下です。

・今までやめることができなかった悪い習慣
・癖
・自分や他人に対してのネガティブな感情など

手放したいもの、つまり、捨てたいものと向き合うには今までの自分と向き合う必要があります。

満月から新月にかけては自分自身の内面を見直すにも良いでしょう。

手放すための方法

手放したいものが見つかったら具体的に書き出していきます。

その際は肯定文アファメーションで書くことが重要です。

例)私は怒りっつぽい癖がなくなり、穏やかな性格になりました。ありがとうございます。

今までの私にありがとう、そして私は新しい私に生まれ変わりました。ありがとう。

そのような感謝を込めて、ネガティブをプラスのエネルギーに変えて放出させていきます。

満月の日の過ごし方

手放しのワークをして、心がすっきりしたら、それは解放です。
精神的にも解放された後はゆったりと過ごしましょう、

満月の日は感情が動きやすいので、リラックスし、穏やかに過ごすことが大切です。

また、体に水分も溜まっているので、激しく動くのではなく、ストレッチをしたり横になったりして無理なく体を休ませてください。

浄化とヒーリング

満月の日は、パワーストーンの浄化や財布のヒーリングにも良いとされています。

月のパワーと、太陽の反射したエネルギーが融合し、浄化エネルギーが降り注ぎます。

このエネルギーを利用してみてください。

直接満月の光を5分以上浴びたり、パワーストーンやお財布を月光浴させるのもおすすめです。

お財布は中身を全て抜いて綺麗にします。

いつも使用しているお財布に感謝し、休ませてあげてください。

ヒーリングされたお財布にはまた新しいエネルギーが宿ります。

毎月やってくる満月を有効に活用しよう!

いかがでしたか?

満月のエネルギーは肉体やメンタルの負荷もかかりますが、それだけ強いエネルギーが降り注ぐタイミングでもありますので、上記に記したようなネガティブを手放したり、感謝の気持ちで過ごしたりするなどして、ぜひ新しい自分に生まれ変わるつもりで有効活用してみてくださいね。

 

-

© 2021 Eternal theme